エアコン取り付けの価格の誤差をなくするためには


今の住環境には必須ともいえるエアコン取り付けには、それなりの費用がかかります。価格としてみても安いものではなく、意外と高いと感じることも多いでしょう。追加料金が発生するといった問題もあり、疑問点も多くなることがあります。一体どんな費用がかかるのか、価格帯はどのあたりが適切なのかを認識して依頼していくことが必要です。

標準であって標準ではない工事費の理由

お金エアコン取り付けの費用は、相場として標準取り付け工事で12,000円から15,000円といったところが全国的にみても間違いのないところでしょう。大手家電量販店であっても、家電工事を専門にしている店舗でもそこまで変わりません。新品として取り付けた場合の相場であり、中古の取り付けだけの相場とは異なります。単純な比較となりますが、新品とは違い付属品の価格が入らないことになるため、新品のエアコン取り付けより安価になるといえるでしょう。8,000円から10,000円といったところが基準となってきます。ただし、部材に問題があれば、もっと高額になる点に注意が必要です。

この費用でも中心となってくるのは、標準工事仕様というところになるでしょう。名前は標準となっていますが、業界で統一されているわけではなく、正確に決まっていません。工事をおこなうところが取り決めをしているだけで、微妙なところで違いがある点に注意が必要です。一般的なエアコン取り付けとしては、配管や電線、ドレンホースは4m、室外機の台を1組、地面かベランダに室外機を設置、配管は化粧テープで仕上げるといったところになるでしょう。この内容でも、除外されてくるものはあります。

穴あけに関しては、1か所は無料としているものの、木造かサイディングでコンクリート躯体は別途が一般的です。エアコンの容量によって価格が変わることも珍しくありません。真空引きなど、一般的におこなわれることも、別途になっている場合があります。大型エアコンに関しては、微妙に標準から外れることが出てきますので、性能が高い場合には注意しなければいけません

追加工事は納得できる準備をしておく

追加費用がエアコン取り付けでかかるときには、いくつかのパターンがあります。標準工事仕様から外れたものはかかるのがわかりますが、新規に部材を使用しなければいけないときにも発生する点に注意が必要です。室外機を金具でつるすようなときははっきりとかかりますが、室外機までが微妙に遠くなることで追加費用が発生することもあります。はっきりといえることは、現調しなければ正確な見積もりは出ないということになるでしょう。見積もりだけでははっきりさせられない大型量販店も存在するのは、現調をおこなったりせずに作成するからです。

室外機をつりさげるような特殊装置が必要な時だけではなく、電気工事が必要になったり、配管の延長や交換をしなければ利用できなかったりするときも追加費用が発生します。容量によっても変わってくることがあるため、注意しておかなければいけません。基本的に価格を取り決めした後に追加料金が発生するのは、気分が良いものではないでしょう。納得できる見積もり作成が終わってから、工事を始めるようにするのが重要です。

価格的にわかりにくいところがあるのは、エアコン取り付けの見積もりがしっかりとしていないところがあるでしょう。標準工事仕様といっても正確にはどれも業界の標準ではないからです。特に家電量販店などで依頼する場合には、現調せずに手配を進めることがほとんどのため、できる限りの情報を提示するとともに、正確な見積もりを作成してもらうことが重要になってきます。これにより、誤差は限りなく小さくなっていくでしょう。