Author Archives: admin

エアコン取り付けの価格の誤差をなくするためには

今の住環境には必須ともいえるエアコン取り付けには、それなりの費用がかかります。価格としてみても安いものではなく、意外と高いと感じることも多いでしょう。追加料金が発生するといった問題もあり、疑問点も多くなることがあります。一体どんな費用がかかるのか、価格帯はどのあたりが適切なのかを認識して依頼していくことが必要です。

標準であって標準ではない工事費の理由

お金エアコン取り付けの費用は、相場として標準取り付け工事で12,000円から15,000円といったところが全国的にみても間違いのないところでしょう。大手家電量販店であっても、家電工事を専門にしている店舗でもそこまで変わりません。新品として取り付けた場合の相場であり、中古の取り付けだけの相場とは異なります。単純な比較となりますが、新品とは違い付属品の価格が入らないことになるため、新品のエアコン取り付けより安価になるといえるでしょう。8,000円から10,000円といったところが基準となってきます。ただし、部材に問題があれば、もっと高額になる点に注意が必要です。

この費用でも中心となってくるのは、標準工事仕様というところになるでしょう。名前は標準となっていますが、業界で統一されているわけではなく、正確に決まっていません。工事をおこなうところが取り決めをしているだけで、微妙なところで違いがある点に注意が必要です。一般的なエアコン取り付けとしては、配管や電線、ドレンホースは4m、室外機の台を1組、地面かベランダに室外機を設置、配管は化粧テープで仕上げるといったところになるでしょう。この内容でも、除外されてくるものはあります。

穴あけに関しては、1か所は無料としているものの、木造かサイディングでコンクリート躯体は別途が一般的です。エアコンの容量によって価格が変わることも珍しくありません。真空引きなど、一般的におこなわれることも、別途になっている場合があります。大型エアコンに関しては、微妙に標準から外れることが出てきますので、性能が高い場合には注意しなければいけません

追加工事は納得できる準備をしておく

追加費用がエアコン取り付けでかかるときには、いくつかのパターンがあります。標準工事仕様から外れたものはかかるのがわかりますが、新規に部材を使用しなければいけないときにも発生する点に注意が必要です。室外機を金具でつるすようなときははっきりとかかりますが、室外機までが微妙に遠くなることで追加費用が発生することもあります。はっきりといえることは、現調しなければ正確な見積もりは出ないということになるでしょう。見積もりだけでははっきりさせられない大型量販店も存在するのは、現調をおこなったりせずに作成するからです。

室外機をつりさげるような特殊装置が必要な時だけではなく、電気工事が必要になったり、配管の延長や交換をしなければ利用できなかったりするときも追加費用が発生します。容量によっても変わってくることがあるため、注意しておかなければいけません。基本的に価格を取り決めした後に追加料金が発生するのは、気分が良いものではないでしょう。納得できる見積もり作成が終わってから、工事を始めるようにするのが重要です。

価格的にわかりにくいところがあるのは、エアコン取り付けの見積もりがしっかりとしていないところがあるでしょう。標準工事仕様といっても正確にはどれも業界の標準ではないからです。特に家電量販店などで依頼する場合には、現調せずに手配を進めることがほとんどのため、できる限りの情報を提示するとともに、正確な見積もりを作成してもらうことが重要になってきます。これにより、誤差は限りなく小さくなっていくでしょう。

エアコン取り付けと同時に化粧カバーの検討

エアコンを取り付ける際には、オプションとして化粧カバーを選択することができます。絶対に必要になるものではありません。ですが、できれば検討しておく方とメリットが生まれてくることが多くなります。見た目ということもありますが、さまざまなメリットが生まれてくるようになるからです。条件によっては不要になることもありますが、エアコン取り付け時には検討はするべきでしょう。

長期的に使うのであれば必須

化粧カバーそもそもエアコン取り付け時にオプションとして選択できる化粧カバーとは、配管に取り付けるものになってきます。エアコン取り付けでは、壁に穴を開けてドレンホースや冷媒管などの配管をおこなう必要があり、これを室外機につなぐことで利用が可能となるでしょう。問題点として、壁から出た配管は丸出しになってしまうことになります。もちろん、養生はおこなっていきますが、それでも配管であることは、一目見ればわかるでしょう。これを化粧カバーで補うことができます。

色もいろいろと作られており、外壁の色になじむように選んでいくことができるため、あからさまに配管ですといったかたちにはなりません。せっかくの外観もこれでは台無しになってしまうため、化粧カバーを使うというのが一般的な解釈です。これは室内でも同じで、カバーをつけることで目立たなくすることができます。室内のほうがインテリアに係る要素が大きいことから、見た目の影響という部分では大きな意味を持つでしょう

化粧カバーを取り付けるメリットは、見栄えを良くするというだけではありません。すっきりとまとめることができるようになりますが、配管がそのまま露出することによって、紫外線劣化などの影響を受けます。長く使うことを考えると、さらに養生しておくことにメリットが生まれてくるといえるでしょう。テープを巻いた施工になるのが標準ではありますが、経年劣化でどうしてもボロボロになってしまうことも防げます。室外機側の問題として、猫などに引っかかれてしまうようなこともなくなるでしょう。

必要ではない場合もある

どんな人でも化粧カバーを取り付ける方がいいかといえば、不要な場合も存在します。エアコン取り付けの時に考えておくべきですが、景観を気にするのであれば、化粧カバーは大変有効です。快適な環境にできるのも間違いないでしょう。ですが、カバーを取り付ける以上、しばらく交換する予定がない方のほうが向いているといえます。耐久性を考えて劣化を防ぐという点でも、短期間ではあまりメリットが生まれてきません。引越し等であまり長く済まない、取り外す予定があるという場合にも必要はないでしょう。

室内の場合には、壁の穴に対して室内機の位置がポイントになってきます。室内機によって配管がほとんど見えないのであれば、カバーの必要はありません。大きさなどにもかかわってくることになるため、事前に確認が必要になってきます。壁自体が隠蔽配管になっている場合にも、化粧カバーはいらないでしょう。配管自体がほぼ見えないため、養生の必要もなくなるからです。賃貸物件の場合には、十分な確認が必要です。

化粧カバーを使うことによって、見た目以上のメリットが生まれてきます。オプションとして考えても、そこまで高価なものではなく、使うメリットはかなりのものになってくるのは確かです。見た目以上に効果があるものになってくるため、長期的な視野で取り付けを考えていくといいでしょう。特にエアコン取り付け時に同時に施工していくと、費用としてはあと施工よりかなりお得になってきます。取付メーター数によっても費用が変わってきますので、事前に交渉しておくことも大切です。

エアコン取り付けの時に注意しておきたいオプション

エアコン取り付けをおこなう場合、いろいろな選択が出てきます。標準取り付け工事として設定されていることで終了する場合には、料金的にも単純なかたちになってくるでしょう。しかし、もうちょっとみためにも優れた方法を取りたいということも出てきます。エアコン取り付けに必要な工事以外に、オプションを依頼することもできるようになっていますが、注意もしておく必要があるでしょう。

標準工事とオプション

工具エアコン取り付けということでは、必要最小限のセットが標準工事費用として設定されることになります。エアコンを取り付けられるセット工事であり、特別な加工が必要なければ、この費用だけで納まることになるでしょう。しかし、電源が必要になったり、配管がそのままでは使えなかったりする場合には、追加料金が発生することになります。料金の把握というところでも、見積もりの段階ではっきりとさせておくことが必要になるでしょう。

取り付けに直接必要はないが、あるといろいろと違いが出てくるものは、オプションとして用意されています。利用するかどうかは任意になりますが、必要なものも出てくるでしょう。配管が丸出しになってしまうことによって、見た目にも大きな差が出てきてしまうことがあります。収まりという部分も考えながらオプションも考えていくと、エアコン取り付けは、もっとなじむようにできます。

化粧カバーは見た目だけではない

エアコン取り付けのオプションで重要になってくるのは、見た目だけではないところでしょう。オプションで多いのは、屋外の化粧カバーです。見た目で配管が通っていることを見えないようにする方法で、化粧カバーを上から取り付けていきます。色もいろいろとありますが、どこまで取り扱っているのかは確認しておく必要があるでしょう。配管は、常に風にさらされることになりますが、化粧カバーを取り付けることによって、巻き上げられたテープがそのまま劣化しにくくなります。配管を守るというところでも重要になってきます。

化粧カバーは、一般的に標準配管の4mでセットになっていると考えるとわかりやすいでしょう。かなりの長さになりますが、2階から1階へと配管を引く場合には、足りないことも出てきます。コーナーを作らなければいけないときには、この部材の分だけ費用がかかることになりますので、予定に入れておく必要があるでしょう。

屋外カバーに対して、屋内の化粧カバーも存在します。マンションなどによっては、設計上どうしても近くに室外機が置けない場合が出てくるでしょう。取り決めによっては共有部分に設置できないといった問題もあります。この場合には、ベランダ等から配管を通すことになりますが、距離が離れるだけではなく、室内で丸見えになってしまうことは、インテリア的にもよろしくありません。できればインテリアになじむ形で隠しておきたいところになるでしょう。

室内配管に対して、室内用化粧カバーをエアコン取り付けの時に設置することができます。カラーの設定もありますが、通常2mがひとつの基準で、コーナーや出口は別の部材を使うところに注意が必要でしょう。配管の太さによっても費用が異なってきます。位置によってはかなりの長さになることも出てくるため、費用を見ておく必要もあるでしょう。

エアコン取り付けのオプションは、絶対に必要になるわけではありません。化粧カバーを取り付けておくことによって、養生できることを考えると、つけておいて損はないものになってくるでしょう。取り付けもそこまで時間がかかるものではありませんが、色の問題も出てくることから、事前に相談しておくとあとから失敗したとなることもありません。

エアコン取り付けを依頼する場合の注意点

今の日本の気候を考えると、エアコンは必須の設備といってもいいでしょう。何気なく使っているものですが、実際にエアコン取り付けを依頼する場合には、いろいろなことを考えておかなければいけません。料金的なこともありますが、業界的な部分が存在し、思っても見ない請求が起きてしまうようなことも出てきます。必要不可欠だからこそ、しっかりと考えておくことが必要になるでしょう。

配管とガスチャージ

配管エアコン取り付けを依頼するケースはいろいろとありますが、配管交換を進められることが出てきます。実際に必要であるかを考えなければいけません。配管は劣化していると、ガス漏れするケースがあります。これが効率を落とすことになり、冷えないといったことが出てきますが、本当に必要かどうかは、配管にひび割れや傷がないかを確認するといいでしょう。長さが足りないときには、交換して適切な長さにしないといけません。

同じようにガスチャージが必要になるというケースがあります。移設する場合に出てくることがありますが、基本的には必要がないことです。必要になるのは、ガス漏れしているようなケースで、エアコンが効かなくなってきている場合といえるでしょう。取り外しの時に、ポンプダウンをしてガスを封じていれば、問題なく使えるようになります。

穴あけと電源

穴あけ工事に関しても、注意が必要になってくるでしょう。エアコン取り付け依頼をする場合、1か所目は無料と設定されていることがほとんどですが、2カ所目から追加料金が請求されるようになるでしょう。開ける必要がなければ問題はありませんが、一般のドリルでの工事以外になると、さらに追加されることがあります。コンクリート壁などになると、ダイヤモンドコアが必要になることから高額になるケースが考えられるでしょう。実際に内部の鉄筋の問題も出てくるため、十分配慮しておかなければいけない部分です。

料金的に大きな差になってくるのが、電源の問題でしょう。エアコン取り付けには、必ず電源が必要ですが、100Vと200Vがあるのがポイントになってきます。大型のエアコンや高機能のものになると、専用の電源が必要で、延長などもできません。200Vに変換しなければいけない場合には、追加料金が発生するようになるでしょう。コンセントプラグの形状を変えなければいけないときにも料金が発生することになります。依頼する段階で確認しておくことが必要です。

エアコン取り付けを依頼する場合には、見積もりが重要になってきます。料金が安いと思ったら、実はすべてオプションで、結果的にはかなり高くなってしまうことも出てくるからです。料金の確認をすることはとても重要で、料金表も確認して、工事の範囲はどこまでなのかを理解してから依頼することも必要になるでしょう。大手だから安心感があることは間違いありませんが、電源などの確認もせずに発注する場合もあるため、理解されているかどうかも抑えておかなければいけません。

追加料金が発生するのはなぜか

エアコン取り付け工事が、想定外に高くなってしまうことも出てきます。特に取り外したエアコンを取り付け直すといったときには、思っている以上に追加料金を取られるといったことも出てくるでしょう。配管ひとつをとっても、業者から見ると適していないこともありますし、調整もしなければいけないことが出てきます。これだけでも追加料金が発生してしまうことになるでしょう。

新しく交換する場合にも、取り外しが出てきますし、古いエアコンの処分費用も発生してきます。無料でおこなっていくところもありますが、事前に注意も必要になってくる部分です。さまざまな設定がありますが、いったいいくらになってくるのか、はっきりとさせられるところに依頼するのが大切となるでしょう。

アパートでエアコン取り付けるときに関わる問題

日本の住宅事情を考えた時に、賃貸住宅は重要な位置にあります。かなりの物件数が存在し、日本を支えていることは間違いありません。その大半にエアコンが取り付けられています。逆にエアコンがないといったことは、今では考えられないようになりました。その反面で、まだ取り付けられていない状態や故障しているといったことも起きてしまいます。ですが、賃貸物件であるアパートだからこそ、さまざまな制限がかかってくるため、トラブルを避けるためにもエアコン取り付けは考えていかなければいけません。

アパートのエアコン取り付けの問題

アパート賃貸物件であるアパートは、さまざまな契約を交わして借りるかたちを取っています。契約内容が重要なポイントになってきますが、認識の部分ですり合わせもしていかなければ、トラブルにつながってしまうのが危険です。問題になってしまう前に必ず確認しておかなければいけないのが、許可をいただけるかどうかです。管理会社が入っている場合には、大家ではなく管理会社のほうに問い合わせします。理由はいくつかありますが、契約に関する問題としてエアコン取り付けには、壁に穴をあけることになるからです。構造的に加工をするため、契約に抵触する可能性が出てきます。

エアコン取り付けの工程を考えていくとわかりますが、室内機を取り付けるためには、専用の金具を壁に取り付けなければ危険です。重量物を支えるだけではなく、モーターの振動も受けることになるため、しっかりと取り付けていかなければいけません。壁にビスを打ち込み固定することになります。この行為自体がまず問題になるでしょう。さらに、配管用のスリーブを通すことになるため、躯体に相当なダメージを与えます。一般的には、契約にも禁止事項として記入されるため、穴の位置も含め協議をしなければいけません。

条件によっては、エアコンを取り付けること自体ができないことが出てきます。この場合には、取り付けるための加工ができないため、ウィンドエアコンなどを選ぶことになってくるでしょう。現在の気候や環境を考えた時には、健康上危険なことも出てくるため、アパート選びをするときにも、十分に考慮していかなければいけないポイントになってきます。

退去時の問題も出てくる

アパートにエアコン取り付けをした場合、退去時にどうするのかも協議のポイントになってくるでしょう。新しく取り付けることで、契約時点でのエアコンとは異なるものになります。退去するときには、原状回復の義務が発生してくるため、傷をつけてしまったのであれば、これを修繕しなければいけないからです。通常の範囲の使用ということが国土交通省によって定められていますが、これも解釈の仕方によって違いがあるため、あとから問題になることが多い部分です。事前に十分な確認も必要になるでしょう。

エアコン取り付け費用に関しては、だれが負担するのかも確認しておかなければいけません。基本として、契約期間中の修繕や設備としてエアコンが賃貸借契約書の中に記載されている場合には、大家や管理会社が負担することになります。メンテナンスをする義務が記載されていることになり、賃貸人が負担をしないでも、エアコンを取り付けてもらえるため、交渉してみる方がいいでしょう。逆に満たしていない時には、自費で工事をしなければいけないことも出てきます。

物件選びにもかかわってきますが、エアコン取り付けは確認してみることが求められます。費用負担をするから取り付けられるとは限りませんし、退去時に大きな負担になることも出てくるからです。アパートの場合には、大きなトラブルになってしまうことも珍しくないため、快適な生活をしていくためにも確認は怠らないようにすることが必要になってきます。

どこにする!?エアコン取り付け工事業者の選び方

エアコン取り付け工事をしてくれる業者はたくさんいますし、家電量販店やホームセンター、工務店、街の電気屋さんまで実にさまざまな業者が存在します。初めてエアコンの取り付けを依頼するというケースだとどこに頼めば正解なのか、どんな業者に依頼したらいいのかと悩んでしまうのは仕方のないことでしょう。

エアコン取り付け工事業者を選ぶときのポイントはいくつかありますから、それを覚えておくだけで今後業者選びもしやすくなるでしょう。ここでは、エアコン取付業者を選ぶときに覚えておくべきポイントをピックアップしてご紹介しますから、近いうちに業者に依頼したいと考えている方はぜひ目を通してください。

工事の価格をチェック

考える女性取付工事をどれくらいで行ってくれるのかというのはもっとも気になるところでしょうし、業者を選ぶうえでの大きなポイントでもあります。業者によって料金はまちまちですし、高いところもあれば安く取付しているところもあるでしょう。多くの方はどうしても安く工事してくれるところを選びがちですが、安さだけで選ぶのはあまりおススメできません

安いのに越したことはありませんが、どうしてその安さで工事ができるのかという明確な根拠が必要です。何の根拠もなく低価格で工事をしているような業者だと少々心配と言わざるを得ません。せっかく安く工事してもらっても不良工事である場合や、完了後に何かとトラブル、不具合が発生するとなると話にならないでしょう。こうしたことは実際少なくありませんから注意が必要です。

見積もり内容をチェック

見積もり内容をしっかりとチェックすることも大切です。基本的にエアコン業者を選ぶときには複数の業者に連絡し、相見積もりを行うことになります。相見積もりをすることで相場を知ることもできますし、ごまかされるようなこともなくなるでしょう。ただ、見積もりをチェックするときには金額だけでなく内容についても目を通さなくてはなりません。

業者によってはかなりざっくりとした見積もりを出してくることも考えられます。最近では少なくなりましたが、工事一式いくら、という荒っぽい見積もりをする業者もいまだに少なからず存在します。優良な業者だときちんと明細を出していますし、どこにどれくらいのお金がかかっているのかということを明確にしています。そこも確認しておきましょう。

アフターフォローをチェック

エアコンを取り付けてそれでおしまい、というのでは少々心もとないです。エアコンを取り付けてもらった後で不具合が発生するということはよくあることですし、そんなときに何の対応もしてくれないとあっては問題でしょう。エアコン業者を選ぶときにはアフターフォローの体制がきちんと整っているかどうかという部分も確認しなくてはなりません。

保証はついているのか、スピーディに対応してくれるのかどうかといったことも確認しておくとより安心できるでしょう。なるべく保証制度がある業者を利用したほうが安心ですし、スピーディに対応してくれる業者を選んだほうが無難なのは言うまでもありません。地域密着型のエアコン業者だとトラブル時にも迅速に対応してくれるかもしれませんね。

まとめ

冒頭でもお話したように現在ではさまざまな業者がエアコンの取り付けを行っていますし、業者選びでは少々迷ってしまうかもしれません。初めての方だとどうしても金額の安さ、という部分に目がいきがちだとは思いますが、先ほどお話したように金額だけで決めるのはリスキーです。見積もりの内容やアフターの体制などについてもしっかり確認しなくてはなりません。正しく業者を選んで間違いのない工事をしてもらいましょう。